So-net無料ブログ作成
検索選択

証書到着と読んだ本 [WSET]

証書だい先、ていった
正真正銘、Diplomaじゃった証明()

diplomaphoto.png 

Unit3った対策UPよう本日ついて。

 

Diplomaは、Study GuideSGという試験範囲概要記載冊子購入必要が、合格レベル知識得られません。SGはあ範囲しょう

テキスト使よう指示
Jancis RobinsonOxford Companion to WineOCWす。

The Oxford Companion to Wine

The Oxford Companion to Wine

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (T)
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: ハードカバー

 

SG記載ていキーワードついみ、自分整理ていという基本姿勢購入がいい読み漁()
が、正直Jancis説明冗長個人的意見っていもあちょっと主観的があす。で、結局の?」突っ込もあった()

もう1冊、購入ったSothebysWine Encyclopediaす。

The Sotheby's Wine Encyclopedia

The Sotheby's Wine Encyclopedia

  • 作者: Tom Stevenson
  • 出版社/メーカー: Dk Pub (T)
  • 発売日: 2011/10/31
  • メディア: ハードカバー

 

マーケティング視点客観的事実ていす。産地特徴つい端的ポイントていて、OCW相補使がお

もう1冊、SG指定ていWine LoverっていWorld Atlas of Wine

World Atlas of Wine

World Atlas of Wine

  • 作者: Hugh Johnson
  • 出版社/メーカー: Mitchell Beazley
  • 発売日: 2007/04/01
  • メディア: ハードカバー

 

地図上述記述理解私自身が「ワイン勉強地図必須」てい由来が、地形地理理解産地特徴把握非常重要役に立た。

以上3基本勉強3てあってっちっちという状況し、重要(メジャ産地つい不十分で、たいていないもあった産地つい以下購入読み漁

基本的個別生産者情報飛ばして、各地域記述
とえMondavi世界的有名生産者ついは(過去問ていもあ
歴史現在状況つい把握よう

個別生産者ブランドついないJSA試験って世界的影響つい整理必要視点ん。

まずはこれ 

Bordeaux

Bordeaux

  • 作者: Oz Clarke
  • 出版社/メーカー: Sterling Publishing (NY)
  • 発売日: 2012/06/05
  • メディア: ハードカバー

 

AOC解説産地説明こういというお手本利用っていようったボルド知識った地図す。

当然、ブルゴーニュについても。 

The Wines of Burgundy

The Wines of Burgundy

  • 作者: Clive Coates
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2008/05/12
  • メディア: ハードカバー

 

村、解説WSET式!」ってまう試験そうっていす。土壌つい解説くあてい明確詳細理解

派生購入れ。

Great Wine Terroirs

Great Wine Terroirs

  • 作者: Jacques Fanet
  • 出版社/メーカー: University of California Press
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: ハードカバー

 

理系気候土壌どう意識詳細解説ていった
フラストレーションっていが、っきた。
し、ちょっと専門的必須ないな。

アメリカはこれ。

American Wine: The Ultimate Companion to the Wines and Wineries of the United States

American Wine: The Ultimate Companion to the Wines and Wineries of the United States

  • 作者: Jancis Robinson
  • 出版社/メーカー: Univ of California Pr
  • 発売日: 2013/03
  • メディア: ハードカバー

 

アメリカ全土AVA主要生産者っか解説てい本。ニュワールドテロワールマーケティング重点問題ようフォーカスてい生産者ブランドついチェックったす。

イタリアはこれ

New Italy: A Complete Guide to Contemporary Italian Wine

New Italy: A Complete Guide to Contemporary Italian Wine

  • 作者: Daniele Cernilli
  • 出版社/メーカー: Mitchell Beazley
  • 発売日: 2006/07/01
  • メディア: ペーパーバック

 

まあまあ、というしょうイタリアWSETってて、補足情報ったな、いうん、主要産地詳細情報知識った間違ない

他、補足的使った下記
参照というちょっとっかった程度使用頻度が、あばあった便利参考

JSA教本 

ご存知、ソムリエ協会の教本です。最新の、網羅的データ最強上述法律使用可能品種数値ってこいた。

Viticultureについてはこれ

Viticulture: An Introduction to Commercial Grape Growing for Wine Production

Viticulture: An Introduction to Commercial Grape Growing for Wine Production

  • 作者: Stephen Skelton
  • 出版社/メーカー: SP Skelton
  • 発売日: 2007/11/01
  • メディア: ペーパーバック

 

Unit3栽培つい把握ていない管理問題点つい本当理解ない時々参照てい

か、産地公式Webサイト非常ていもあ地方結局。。。?」っかった検索よう意外マイナ産地有益情報ってい

Googleフル活用動画写真頻繁参照事実確認理解使た。
YouTubeすい解説ていもあし、パワポUPシェアサイト秀逸プレゼンていネット様々側面た。

Diploma勉強らいって、「こうばいい」という参考書問題集ない大学受験市販問題集ていったという意味()どういう方向勉強らいいという自分必要受験比べ物ないらい大変

スクーリング必須ったってアドバイスクラスメイトディスカッション解消・・・

最後洋書日本アマゾン(.jp)く、アメリカアマゾン(.com)ったほう送料最近アカウント統合どうこうってい確認時間があ購入吉。


コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。