So-net無料ブログ作成

Unit3 を理解する [WSET]

Unit3・・・とてつもなく強大な敵・・・(笑)

私の勉強法は基本的には

Study Guideで大筋を把握する→そこに書いてあるOCWの項目を片っ端から読む→World Atlas of Wine、Wine Encyclopedia、 Level3の教科書、JSAの教本、インターネット検索、さらに各種の本(すでに紹介済み)で補足する

という手順で行いました。

第1回目の受験ではすべてに目を通すだけで終わってしまったので、2回目の時は目を通した内容を復習しながら、過去問を一つ一つ丁寧に解くようにしました。そのあと、WEBに掲載されているExaminer’s Reportを読み、自分に不足している部分を確認しました。WSETの全ての試験に言えることですが、Inputだけではなく、Outputの練習が必要です。 

ちなみに、そのアウトプットの練習はこれぐらいの紙の束になりました・・・(笑)

 OP.jpg

 私がこれまで受けてきた資格試験は、基本「知っていれば答えられる」「覚えていれば答えられる」ものでした。

しかし、WSETの場合、それをしっかりと採点者にアピールし、様々な知識を網羅した形で提示するテクニックが要求されます。ここでもエッセイやパラグラフの原則を知っていると有利な部分があると感じました。

以下、OALDに書いてある試験問題(WSETに限らず)のレベルの引用です(Diploma受験する方は英語読めるはずなので原文のみ掲載します)。

難易度は1<2<3<4=5=6と記載されています。

そうです、私がこれまで受験してきた資格試験はすべて1なんです。というか、世の中の資格、ほとんどこれだと思われます。 資格げったーとして「勉強して一発で受からない試験なんてない」と豪語していた私は、この一番簡単な試験ばかり受けてただけなんだということに気づきました。

Unit3についてはその違いを理解して取り組むかどうかで結果は大きく異なると思いました。

1. Knowledge question: 
        outline, describe, state. list 
        Ex) Define the term "muscle tone" and describe how it can help good posture.

2. Comprehension question: 
        explain, summarize, illustrate 
        Ex) Give three examples of human activities that have major effects on our climate.

3. Application question: 
        apply, show, choose 
        Ex) Show how a national minimum wage will affect levels of unemployment and total output.

4. Analysis question: 
        analyze, compare, classify 
        Ex) compare the merits of "renting" and "squatting" as solutions to housing problems for the poor in cities in the developing countries.

5. Synthesis question: 
        design, plan, develop 
        Ex) Design and experiment to investigate whether listening to music improves students' performance in their studies.

6. Evaluating question: 
        discuss, evaluate, examine 
    Ex) Discuss the argument that the use of force in self-defense justifiable. 


コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。