So-net無料ブログ作成
シャンパーニュ訪問 ブログトップ

シャンパーニュ二日目 [シャンパーニュ訪問]

シャンパーニュの旅二日目。少々トラブルはありましたが「なにごとも保証のないフランス」という意味では想定内でした。

◆レンタサイクル

ランス観光局のサイトに掲載されていたレンタサイクルをしてカーヴめぐりをしようと考えていました。フランス語しか話せないと書いてあったのでホテルに頼んで電話をしてもらいます。・・・が、出ない。

ホテルから近いのでとりあえず歩いて様子を見に行くことに。どの店かわからなかったのですぐ近くにあるTourist Infoに聞きに行くと「冬季はやってない」とのこと。

ウェブサイトとかに書いておいてよ!と思ったけれど、フランスでは全然あるある。これは想定内だったので別の方法を検討することに。

◆お買いもの

海外に一人で行くときは必ず、夫へのお土産として現地のローカルサッカーチームのユニフォームを買います。これが毎回売ってる店を探すのに苦労するんです・・・

で、今回はトラムで行ける場所に公式スタジアムがあることを調査済み。でもこれも念のためホテルのフロントで確認。すると「そこまでいかなくても町にあるスポーツ用品店で買えるわよ」との返事。徒歩で行ける場所だったのでそちらへ向かうことに。

まあでも、はっきり言ってこれも当てにならないのは想定内。意外と普通のスポーツ用品店では取り扱いがないことが過去の経験から多かったので。で、案の定「うちにはおいてない」とのこと(笑)。でもフランス語と身振り手振りで、「もう少し先までいけば売ってる店がある」と教えてもらい、なんとかゲット。

◆迷子

お買い物が終了した時点で、午前中に予約していたMumの時間まで30分。しかも逆方向にだいぶ来てしまった・・・ということで急ぎ足でMumへ。

が、地図に書いてある道が通れない!(笑)回り道を探していたら若干迷子になり、予約時間に間に合わないかも!と焦り始め、小走り&早足で30分。なんとか5分過ぎぐらいに到着。この時点で1日の体力を使い切った感じ・・・

それにしても、事前にコースまで聞かれて予約しているのに、受け付けに行くと毎回コースの説明をされ、どのコースにするか聞かれるのもイケてない・・・。まあでも、フランスでは想定内(笑)。 

ここでは同じツアーに一人で参加していた女性がオーストラリアから来たと分かり、オーストラリアワイン談義で盛り上がりました。 

◆出会いのランチ

見学が終わって、おなかがすいたのでなんとなく地元の人たちで込み合っているお店でランチ。ここで注文したハンバーガーが激ウマで、唸ってしまいました。市場の近くのHall Placeというお店でした。

ここで幸運の女神と出会います。大きなテーブルに相席だったのですが、市内の地図を広げて次の訪問先を考えている私を見た隣席の女性が声をかけてきました。話していると、どうやら某大手シャンパンハウスのマーケティングをしているとのことで、自分の会社は遠いから無理だけど、市内のハウスなら電話して予約してあげるわよ、と。

夕方にPommeryに予約している旨を伝えると、「車ないの?めちゃくちゃ遠いから車で送ってあげる」とのこと。確かにタクシー使わないといけないし、ホテルではバスがあると教えてくれたけど、土曜なのでほとんど便がないということでアクセスに迷っていたところ。しかも、その前に1軒見れるでしょ、とランチしていた場所からすぐのハウスに電話して予約してくれるという徹底ぶり。

Mumに向かうのに体力を使い切り、すでに足がパンパンだった私、初対面の彼女の好意に甘えることにしました。ただ、この時点で名刺も見せてもらってないし、不安もないわけではなかったのですが、立ち居振る舞いやシャンパンハウスの人たちとのやり取りから変な人ではないということは十分にわかったので、思い切ってみました。これが大都市だったら絶対について行かないですけどね。 

そんなわけで、ランチの後徒歩でCazanoveを見学、ここではシンガポールから来た交換留学生たちの一行と同じツアーに。シンガポールの人って、礼儀正しくて親しみやすい人が多いと思います。彼らもとても感じよく、色々話しながらのツアーと試飲は楽しいものになりました。 

そのあと迎えに来てくれた彼女の車でPommeryまで連れて行ってもらいました。Pommeryで私が見学している間「町で買い物してるから1時間後にまた来るね」と、帰りもホテルまで送ってくれる神のようなお申し出。さらには自宅での夕食まで誘ってもらいました。

さすがに初対面だし、かなり疲れていたのもあって夕食は丁重にお断りしましたが、最後にくれた連絡先はやっぱり本物でした(笑)。正直、ここまでいきなり親切にしてもらうとちょっと疑ってしまうわけですが、疑ってごめん、と思った、素晴らしい出会いでした。

前日にすっぽかされたハウスへのお土産を日本から持参していたのですが、当日たまたま持っていくのを忘れてしまい手元にあったので、それをせめてものお礼に彼女に渡しました。 

旅先で素敵な人たちに出会うことって一番の楽しみだと思うのですが、そういう意味では本当に恵まれた旅行になったなと思っています。 

◆おまけ・冬季のシャンパーニュ

冬季はオフシーズンなので予約不要のハウスでも閉まっていることが多いです。これ、ホテルの人も知らないこともあって、フロントで「XXは予約要らないから行けば大丈夫」と言われたところがよく調べると冬季休業と書いてあることもざらでした。

とにかくフランス人のいうことはあてにしてはならない!(笑)自分でちゃんと調べましょう~ 


シャンパーニュ初日 [シャンパーニュ訪問]

Diplomaの卒業式がロンドンであるので出席するのですが、その前にワイン産地を、ということでシャンパーニュに寄ることにしました。

そして滞在初日、エペルネに向かったのですが、大波乱の一日となりました・・・旅には波乱がつきもので、それが醍醐味でもあるんですけど、今回はかなり重なったので長文です。「まさかの」4連発。

◆まさかのクレジットカード

エペルネまではランスから1時間に1本程度電車があります。また、駅には切符の自販機があり、Visaが使えるのも前日にチェック済み。

ということで当日は20分前ぐらいに駅に行き、自販機で切符を購入・・・するはずが、最後のクレジットカードのところで認証してくれず。駅の人に聞いたら「この種類のカードは自販機では使えないから窓口に並べ」と・・・ガーン。

昔パリの駅でおなじようなことがあったけどだいぶ昔の話だし、ランスの駅の機械は新しそうだったので大丈夫かと思っていたのに・・・

で、フランスに限らず、ヨーロッパの駅の窓口ってアホほど時間かけて切符を買う人が多く、日本のように行先決めてちゃちゃっと買う人はほとんどいないんですよね。その時点で乗りたかった電車に載れないのは決定。

仕方なく1時間ほどつぶすのに補修中ではあったけど世界遺産である大聖堂を見に行ってきました・・・ 


 ◆まさかのバス!

さて、気を取り直して再度駅に向かいます。今度のを逃すと午後まで電車がないので、ここは乗り遅れられない。
駅では5,6分前になると出発ホームが表示されるのですが、どうもその表示がおかしい・・・どここれ?

不安になったのでTourist Informationの人に聞くと、英語がわからないためフランス語と身振りで示してくれるのですが、さっぱりわからず。「わからんよー」と困った顔をすると、親切にも窓口を閉め、案内してくれました。

で、ついていくとあっというまに駅をでてしまい・・・指さされたのはバス乗り場!そうなんです、鉄道の駅で切符買ったのにバスだったんです(笑)。そういえば切符買った時もフランス語と身振りで「階段下りて向こう側に行くんだよ」という感じだったのですが、遠いホームを指しているのだと思っていました・・・聞いてよかった・・・聞いてなかったら絶対乗り遅れてました(汗)

◆まさかのすっぽかし!

昼前にはアポなしで訪問できるメゾンに突撃し、午後は前々から予約していた某メゾンに行くことになっていました。午前の予定がおしたのでランチも大急ぎで食べて、約束の時間にそのメゾンへ・・・と・・・

門が閉まっている・・・呼び鈴を押しても返答がない・・・前のメールを確認してもちゃんと日にちも時間も合っている・・・なぜ???

15分ぐらい待って、電話をかけようとするも携帯からはうまくかけられず、仕方ないのでTourist Informationまで戻って事情を話し、電話をかけてもらうことに。ところが、エペルネのサロンも、アヴィズの事務所も誰も出ない・・・

仕方ないのでもう一度サロンへ。でもやっぱり誰もいない・・・最初の約束では、エペルネでサロンを見せてもらい、そのあと車でアヴィズまで連れて行ってくれることになっていたのですが。。。

そうこうしているうちに約束の時間を1時間すぎてしまい・・・ もしすれ違っていたら、今頃アヴィズに戻っているかもしれない。と考え、もう一度Tourist Informationへ行き、「もう一回だけトライしてみて」とお願い。するとようやく電話に出てくれたようで、その回答は「エペルネはやってない、アヴィズなら見せてあげられる」との返答・・・完全にアポは忘れ去られていた模様。

仕方ないのでタクシーでアヴィズへ。ところが、やはり人の気配がなく、受け付けも誰もいない・・・タクシーの運転手さんが親切に色々さがしてくれ、電話も掛けてくれたけれど応答がなく・・・ここらでもうあきらめモードに。

と、向こうからおじいちゃんが歩いてきて、タクシーの運転手さんと話をはじめ、ようやく話がつながりました。でも「だって今日は閉まってるから。」と・・・さすがにここは食い下がらないと、と予約のやり取りのメールを見せ、エペルネで1時間も待ったこと、車でピックアップしてもらうはずだったこと、Tourist Informationから電話してもらったはず、ということをアピール、なんとか事情を理解してもらいました。このおじいちゃんは私がやりとりしていた当主の女性のお父さんでした。

タクシーの代金を払ってくれ、完全なプライベートツアーをしてもらい、8種類ぐらいのテイスティングをさせてもらい、最後にお土産までいただきました。最初は「フランス人は週35時間しか働かないから週1日は休みなんだよ」とか「そんな早く(1か月前)に予約してもねえ」みたいな感じだったのですが、ワインに関する情熱を見せ、質問をガンガンしていたら最後は打ち解けていろんな話をしてくれ、エペルネの駅まで送ってくれました。 (でもさすがフランス人、「ごめんね」は一度もなかった・・・(笑))

 追記:翌日に女性当主から謝罪のメールが届きました。

◆まさかの再会

駅まで送ってもらい、帰りの電車では4人がけのボックス席でした。ふと見ると、行きのバスで「これはエペルネに止まりますよね?」と聞いたら親切に教えてくれたおばあさん二人組が同じボックスに!向こうも私を覚えていてくれてすごい偶然に超盛り上がりました。でもね、二人とも英語は全くダメなんです。私はフランス語はワイン用語と超基本単語のみ。それでも最初はなぜか会話が成立していたのですが(笑)、次第に私には全く手の届かない会話に・・・でも最後までとても親切に、色々とコミュニケーションをとる努力をしてくれ、ランスまでの30分がとても楽しいものになりました。

てなわけで、最後の再会を除いては「まぢで?!」の連続の1日でしたが、親切な人たちに助けられて過ごせたのは、旅の醍醐味といえるかな。プライスレスな経験をさせてもらいました・・・が、シャンパーニュ修行としてはちょっと物足りない1日だったかも(笑)。 


シャンパーニュ訪問 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。